糖尿病診断アクセス革命・・・HbA1c

現在、ADMSは、東京大学と足立区薬剤師会と共同で「糖尿病診断アクセス革命」の研究に取り組んでいます。

    ↓ 【プロジェクト詳細】※東京大学研究チームHPより転載

 

糖尿病は初期には自覚症状に乏しく、血液検査をしないと発症に気づかないことの方が多いくらいです。また、2型糖尿病の大部分は「糖尿病予備群」の状態を経て発症に至りますが、その時期にしっかりとした対策を行うことで糖尿病の発症を減らせることも様々な研究から明らかになってきています。糖尿病の有病率が成人の10人に1人を超え、実際に日本全国で1000万人以上にもなった今の時代は、「誰しもが糖尿病になりうる時代」であり、自身の血糖値の状態を知っておくことは必須と言えます。

 「血糖値の状態を知る」方法は医学の進歩により比較的容易になり、20107月改定の日本糖尿病学会の新診断基準では、血糖値に加え、「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と呼ばれる検査項目で糖尿病型かどうかを判断できるようになりました。 しかしながら、血液検査を行わない限りは、検査技術の進歩にしても糖尿病発症予防の知見の進歩にしても、その恩恵を受けることはできません。2008年から特定健診として40歳以上には健康診断が健康保険制度として制度化されましたが、受診率は全国平均で30%台とまだまだ低く、なかなか医療機関の敷居をまたげないでいる方々も多くいるのが現実です。 そのような「血液検査へのハードル」を下げる新手法として、「指先採血でのHbA1c測定」という新技術が近年、登場しました。指先採血は自分自身で容易に行うことができるのが特徴です。(装置の詳細はこちらです)

 本プロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」は、この新技術を活用し、足立区医師会ならびに薬剤師会と緊密に連携しつつ、区内の薬局店頭に「指先採血HbA1c測定装置」を常設することで、これまで検査を受けずにいた人々にHbA1c検査を促し(※糖尿病治療中の方を除く)、未発見の糖尿病や予備群の早期診断へつなげていこうという活動です。

 なお、本プロジェクトは東京大学とNPO法人ADMSおよび足立区薬剤師会の共同研究として実施されます

プロジュクトホームページ

http://a1c.umin.jp

 

一覧表示:ニュース